おJUMPちゃんのこと 思いつくまま

ブログ名のとおりです でも他ごともたまに。

ドラマ 「左目探偵EYE」

f:id:masquerade_time:20190306181006j:image

またまた今ごろになりますが

ずっと見たくて見たくて。

先週一気に見た❗️

ちょっと辛口になる…かも?


まず

なんというか でもでも❗️

感動した。山田涼介に。

一方、、、


こ、これは、壮大な駄作と言っていいのだろうか?

先に見た家族が

「んーそんなに 面白くもなかったけど。結末言おか?」

スト~~~~ップ!!

それはあかん!


でも、だって 山田涼介君が可愛らしくて可愛らしくて~~

めっちゃ頑張ってて~

駄作だなんて 

そんなこととてもじゃないが言えないわ…

前に見た「理想の息子」から遡ること

2年。多分16才よね、なのに、なのに、演技完璧や…

怒り と 哀しみ  絶望 苦しみ 切なさの表情 が、いいのよね。

そして孤独が 似合っちゃう。1人ぽっちで部屋にいる時の醸し出す雰囲気が切なくていい。

この頃の髪型好きだったりする。

そして お顔もふっくらしてて 

もちろん ノーメイク…

全然 可愛いよ😍美しいよ


あ、そういえば このドラマも

山田涼介 殴られまくり…

ショックを与えないと 左目に

「来ない」んだよね。

でもー毎回その為に絶対殴られるかするのって 見ててあまり気持ちのいいもんじゃないぜ

でも山田涼介君が また上手に殴られてくれるんだよね。

でも!!

断固として、暴力反対❗️

 


物語は

スペシャルドラマからの 3ヶ月後の話。

兄貴の角膜を移植した左眼に 兄貴が

見た犯罪の場面が映る。しかし

兄がその犯罪者だった。

その犯罪を暴いていく弟。どうする?夢之助

って なかなか興味深いストーリーだな

と思って 少しは期待したのだけど。基本 ミステリー好きだしね。

脚本が… いや、凝ってるんですけど、詰めが甘いというか。穴だらけというか…

ハラハラドキドキ 盛り上がってそうで そうでもない。

内容は、、なんかこう、7割ぐらい?救いようのないドラマでした…

敵というか、闇な犯罪者が そろって全滅・全員死亡… 

なんか このやっつけ感。

結局、何??

これ、10話予定が途中打ち切りってことないよね?

まあでも、8話で終了したのは妥当だったかも知れない… 10話まで見るのは 辛かったかも。愛之助が苦しむ姿は ま、萌え だったけど

もう可哀想で見てられないし。

しかーし!

兄弟に隠された秘密というのがあって

兄が誘拐犯を殺して、まだ幼い愛之助と一緒に埋めに行ったのに

そのことを弟が忘れてる、自分だけがその罪を背負って生きてることに納得いかず

弟に思い出させる為に、女ボスと組んで一連の誘拐やら起こすって、、、

アンタ、手をかけすぎじゃね??そこまでする?

 なんじゃこれ??

なんか私も、どう感想言えばいいのか収拾つかなくなってきた

 


とりあえず 主要な登場人物

 まず兄の

田中夢人 (横山裕)

警察にいて刑事に成りすましてた意味あったっけ?普通に警察官やってただけのような。署内にいるなら、もっとヤバいことも出来たと思うのだけどー。愛之助を陥れることもできただろうに。その辺は お兄ちゃん

兄弟の情か。そして目的はそうじゃないものね。えーと、東京の機能をなくすことか。

最後どうなる?夢人ってやっぱ死ぬよなぁと 思ってたけど

死に場所、せめて あの アジトにしてればよかったのに

絶対体重1.5倍はあるであろう

夢人を愛之助が背負って

あんな草っ原までおぶっていって、

オールナイトでおんぶしてたんかい!救急車呼べってばー

もう昼間だよー 頑張りすぎ!と突っ込むのもつかの間、あっさり、最後の言葉を交わす間も無く 死亡とは

もうちょっと救いのある感動場面用意してあげればよかったかも。なんか2人とも可哀想。


もうひとりの主要人物が

狭山瞳(石原さとみ)

いや、あの~ ごめんなさい

ウザかったです… 

買い物依存の設定も

馬鹿か??としか思えなかったし、何より 養護教諭の仕事全然しないで、愛之助にくっついてたら、警察あるいはどこかから、おこぼれでお金もらえる

みたいな こと考えてる 最低な人です…

でも、一応 愛之助の心配はしてくれたし、助けられたこともあったし

彼女がいれば、場面は華やかになったから…

と 無理矢理… 存在を肯定しておこう。しかし

パートナーとして、学校の先生を充てがうにしても、もうちょい マシな先生いなかったんですかね??最後の墓場のシーンは やっとこさ 愛之助のほっとした笑顔が見れたけど

普段も ホッコリタイムが欲しかったな。だって ずっと辛いままなんだもん。中学生に耐えられないよ。普通。

だってホッコリする相手と思われた大家さん。

結局、大家さんは爆弾魔のテロリストだし、はるな愛も頼りにならないし~ てか、なんではるな愛は最後まで生き残ってたのか、ナゾナゾ。なんか余計なことベラベラ喋って、最も早くに抹殺されそうだったけどな…

ドラマに華を添えてたとも

言い難かったし。


もうね。山田涼介の素晴らしい演技にのみ集中することにした…

あれ、これ、どこかで 同じこと思ったけど…

そうだ、「カインとアベル」だ…

あのドラマの脚本もひどかった…

 

スペシャルドラマの方が、緊張感あったし、テンポも良くて

続き すごく見たい!!

と期待させるものだったわ。寺脇康文演じる刑事、最後いい感じで、愛之助の良き協力者になりそうだったのに いないんだもん。優秀そうに見えた加藤刑事が最終回だけ頑張ってたけど、ちょっと頼りないし迫力ないんだもん〜

なにより その刑事の代わり的な、

連ドラで初登場する、福地警視。

すぐ死んだ。超優秀と見せかけて。

うそやろ〜〜なんで1人でのこのこ乗り込むんだ。

穴がありすぎるぜ。最後の最後に

愛之助を救ってくれると思ってたのにね。


結局愛之助が1人で奔走しまくる。

そうだ、思い出した
第2話だったかな ?愛之助が見た悪夢って一番ありえそうで、本編より怖かったかも。

 

 あと、やっぱり警察が無能すぎやしません?

福地警視を邪魔に思ってた、出世したい警視がその為に

夢人の配下に置かれてるなんて~ マジですか?って。

何より夢人が警察官として まんまと入り込んでる事が まず理解不能

すごく違和感だったよなー デパートの屋上から 愛之助とダイブして以降

あっさり自分のアジトに帰ってるし〜

でもね
好きだったシーンがあります。

新聞配達少年 山田涼介❗️

ちゃんと働いてるんだね。泣泣

とっても貴重なシーンじゃありませぬか??

可愛い… 今じゃこんなのとても見られないよね

でも、愛之助君の新聞配達って

時間遅っっ

とっくに お日様登ってて、あれ、7時ぐらいじゃね??だっていつも、やべ!遅刻する!

って言ってたもん。

朝4時5時くらい?暗いうちにやるべきだよー愛之助君。

よくクレーム来なかったね!


そして テーマ曲の

「瞳のスクリーン」

大好きな曲なんですよ。JUMPの中でも ベスト5に入るぐらい。

☆余談

2011年のドームサマリー

で 山田涼介1人で 歌い踊った

瞳のスクリーン。

なんと妖艶だったことか!

リフターが上がっていって

もろ肌脱いで 肩出した時の表情ったら

17歳(多分)には見えんかった

 


愛之助君、中学生にして、余りにも粗末な古い木造アパート に 一人暮らし。ご飯どうしてたんだろ。あの立ち食い蕎麦屋に通ってたのかな。昼ごはんは あんぱん1個だったみたいだけど。あぁ泣ける。あんまり自分の部屋では 家庭的なことするシーンはなかったけれども。

そうそう、寝袋で寝てたね、そういえば。


なんだかんだドラマとしては

疑問が残ったけど

結局メイキング映像での

クランクアップでの

山田涼介君の 涙を見て

全て チャラになってしまったのでしたわ。あーもらい泣きじゃー。

 

そして

俳優 山田涼介は 今に至る。