み❗️のお部屋

山田涼介くん、King & Prince 他ごともたまに。

新選組血風録 からの〜

やっと全部読んだ

結局も何よりも

人を刀で斬って殺す

ってことはどういう殺し方なのか、殺され方なのか もうね、

いやぁ〜 なんか凄く凄く凄惨な事だったんだな

と、わかりました← そこかよ

今回山田涼介君が、映画「燃えよ剣」に

沖田総司役で出演するってことで

原作読まねば!からの 何も知らなかった3人以外の新選組の隊士、背景を知ろうと ほんのちょっと読み進めてきたけれど←いや、まだ完全に理解してるとは言えないけど。全然。

とにかく、事の締めくくりとして 敵・同僚含め 本当に人がよく死ぬ❗️斬られる❗️

とにかく 時代劇で主役がブスッと悪人達を斬り殺してゆくのは よーく見てきたけれど、血は一切流れないし

まぁ殴られて気絶ぐらいの感覚で小さい頃から見てきた。

でもでも実際は。実際人を斬り殺すってことは 本当に残酷な事だったのですよ!今頃知ったわ。

刀の威力って

凄いんだね…

一瞬で人間の首を切り落とせたんだね…

切腹ってすごい…だって、自分で行儀良くお腹切りながら 結局さらに首を真っ二つにされるなんて😱。フランス革命のギロチンより回りくどくて 処刑される側のストレスすごいやん…日本人の忍耐というか

私なんか絶対自分でお腹切るとか無理!

そして、隊士が斬った斬られた の時の死体の様が🥶😖

頭真っ二つ とか

胴体は 肩の辺りを中心に、ほぼ斬りあげられる感じ とか

顔に至っては鼻がないとか

もちろん臓物なんかグチャグチャですよねー出血の量も半端ないでしょ

こういう殺され方って即死だったのかな… そして、この頃京都の街は朝になったら、死体ゴロゴロ転がってるってことか。そういう処理ってどうしてたのかな。町役人が右往左往かな。なんか町中腐敗臭とかすごかったんじゃない?そして土葬?だよね。ちょっと想像したくないけど 死体の処理がお気の毒だわーって。

即死といえば、よく出てきた 新選組隊士の切腹で、介錯人が下手クソで

首が一瞬で切れないやつ。即死できないやつ…もう酸鼻を極めるとはこの事ですわ。さすがの近藤勇土方歳三も目を背けるやつですわ。カオス。

やられる方は阿鼻叫喚たまったもんじゃない!人間の尊厳とは!?

沖田総司も そういう、現在の私から見たら残忍な殺し方をして、責務を全うしていったのだな、と思うと

なんともいえましぇん❗️

山田涼介扮する沖田総司、きっと映画の中でも 当然 人を斬りまくるんだろうな。

殺陣としてはカッコいいのだけど

実際は…酸鼻を極め、、、、

あーー怖い。

そして

やっぱり

池田屋では喀血するのかなー

私は喀血しないでほしい

でもあるよなーきっと。

 

で、本題に戻ると

新選組血風録の中で異彩を放つのは

やっぱり

加納惣三郎の男色からの三角関係が引き起こす なんともはや これも悲惨な結末。でも、男だらけの新選組のなかで当然あっただろう男色のエピソード、小説としては 面白いよね。うふふ。

でも、沖田総司に関しては、すでに幹部だったからっていうのもあるけど

全く隊士からは誘惑されない…って感じだったんだね。総司の場合誘惑されるんだったら、近藤勇土方歳三か。

ギャー!それも怖いけど!

つまり

沖田総司は可能惣三郎みたいな美男ではなかった

ってこと?

やっぱり史実の沖田総司はあの、おみつさんの孫に似た肖像画のような風貌

だったのかな。

う、うん

それも寂しいけど

 

えーと、新選組血風録のドラマ、動画で見れそうなので 見てみます。

それから、大河ドラマ

新選組!

見てみよう